東京のレストランでは、カプセルランタンで距離を保っています。

パンデミックの影響で、多くの企業が大きな苦境に立たされています。特に、普段から人が集まっているレストランやバーでは苦労しています。客席の間にパーテーションを設置しているところも多い。しかし、このような孤立した雰囲気の中では、多くの来場者が共有の体験を逃してしまいます。また、部屋がさらに狭く感じられます。

東京のあるレストランでは、より美しいデザインを実現するために、有名な職人の協力を得ました。このソリューションは、スタイリッシュで魅力的であり、適用されるルールを実現するのに理想的なものでした。テーブルの真上に設置されたランタンウォールと呼ばれる壁を一緒に開発しました。ゲストがテーブルに座ると、これらが下げられ、ゲスト全員が自分の小さな泡の中に座ることになります。

各テーブルのランタンカプセル

上部のデザインは、伝統的な提灯をイメージしています。下半分は透明なプラスチックの膜で、ゲストがお互いに見えるようになっています。来場者全員がテーブルでマスクを外して、安心して食事をすることができます。また、この保護膜はテーブルに直接設置しても場所をとりません。

このたび、大手町にある星野リゾートグループの高級ホテル「星のや東京」のレストランに、最初のランタンが設置されました。しかし、カプセルランタンはその見た目だけで呼ばれているわけではありません。京都で寛政年間(1789年〜1801年)から高品質な提灯を作り続けてきた小島商店とのコラボレーションによるものです。

外部からの見学も可能なレストラン

ランタンの大きさは、高さ102cm、直径75cmです。また、それぞれのランタンには光源があり、ゲストの顔や料理が照らされるようになっています。これにより、暗い部屋の各テーブルに特別な親密な雰囲気が生まれます。料理も特別な方法で提供されています。

つい先日、星のやのプライベートバンケットホールに新しい構造物が設置されました。それに合わせて、東京では一般的な提灯メニューを提供しています。通常は宿泊者のみが利用できる会場ですが、ランタンバンケットは例外的に外部からのお客様にもお楽しみいただけます。しかし、この特別なダイニング体験のためには、テーブルを予約する必要があります。