日本の無形文化財になる酒造り

金曜日、日本政府の委員会は末松信介文化大臣に、伝統的な酒造りの方法を無形文化遺産として登録するよう勧告しました。

また、文部科学省の文化庁は、日本の伝統的な書道技術を新しい無形文化財制度の登録対象として推薦しました。

伝統的な酒造りの登録が間もなく正式に開始されます。
日本政府は近日中にこの登録を官報で発表し、正式な登録となります。

日本では、生活文化品が無形文化財として認められたのは初めてのことです。

伝統的な酒造りでは、米や麦を原料とした黄麹などを使用します。この技法は、14世紀から16世紀の室町時代に初めて導入されました。

明治時代(1868-1912)に機械化が進んだ日本では、伝統的な手造りの酒造りが受け継がれてきました。この方法は、日本の生活文化にとって歴史的な意義があると結論づけられました。

日本では6月から新しい無形文化財制度が導入され、さまざまな文化財が保護されるようになりました。これまでの日本には、舞台芸術や工芸技術の制度しかありませんでした。旧制度では、例えば「海女」という潜水文化が文化財として登録されていました。

今年1月、菅義偉元首相は、日本酒や焼酎などの日本の文化財をユネスコの無形文化遺産に登録することを目指すと宣言しました。

重要文化財に指定される物件が7件増加
また、金曜日には、1937年に製造されたキハ07系気動車など、有形文化財7件の重要文化財への登録を勧告しました。

クラッチで速度を変えていた機械式鉄道車両で現存するのはこの車両だけ。

福岡県の九州鉄道歴史館に展示されています。

また、日本初の国営バスの1つでもある。1930年代には、愛知県の岡崎と岐阜県の多治見を結ぶ路線で使用されていました。オンラインカジノランキング.