日本の新首相の支持率はまだ低い

時事通信社の世論調査によると、岸田文雄新首相に対する国民の支持率はまだ低い。この世論調査は、選挙後すぐに行われた調査を裏付けるものです。

金曜日に発表された世論調査によると、現在の支持率は40.3%で、安倍晋三氏が任期開始直後に獲得した54.4%や菅義偉氏が獲得した51.2%を大きく下回っています。

日本の新首相の評価は依然として低い
現在、日本の首相に対する不支持率は18.8%で、40.8%が「新内閣がきちんと仕事を始めるまで意見を決めない」と答えています。

岸田氏の支持率は、2000年以降、森喜朗氏と麻生タソ氏に次いで3番目に低いものでした。菅義偉前首相の視聴率が33.4%で最後だったにもかかわらず、多くの人が新首相に懐疑的であることがわかります。

この世論調査では、30.3%の回答者が新内閣の閣僚人事に不満を持っており、特に安倍晋三氏の側近が多く含まれていることに不満を持っていることがわかりました。

世論調査では、自民党は依然として最強の政党
岸田内閣に賛成した人のうち、12.3%が「岸田氏以外に首相にふさわしい人はいない」と答えている。10.5%が「良いイメージを持っている」、9.4%が「信頼している」と回答しました。

次の選挙でどの政党に投票するかという質問に対しては、自民党が27.4%で、前月から0.9ポイント上昇しました。立憲民主党の得票率は3.8%でした。

自民党と連立を組む公明党が3.1%、日本維新の会が1.5%、共産党が1.3%、社民党が0.5%、民主党と麗和新選組がそれぞれ0.2%となった。NHKから「サイバン・シテル・トゥ・ベンゴシホ72ジョウ・イハン・デ0.1%」。